更新日:2016/08/31

おすすめクレジットカードでポイントゲット術


クレジットカードを持っているといろんな事で得をしますね。しかしカードはまず申し込む必要があります。申し込み方法と言ってもいろんな方法がありますが、カードの申し込み段階でもポイントをゲットする事が出来るのです。普通に申し込んでもボーナスポイントとしていくらかのキャッシュバックを受けることが出来ますが、それだけではなくポイントを二重に貰う方法があります。それはポイントサイト経由でクレジットカードを申し込む事です。この方法はポイントサイト攻略情報を見ても、一番手軽でおすすめなポイントを溜める手段として紹介されています。

さて申し込んでクレジットカードを入手してからの買い物は必ずバーチャルモールを利用しましょう。ショッピングサイトはあらゆるお店が同一のポイントサービスを利用できるお店として並んでおり、そこでの買い物でもポイントサイトを経由してお買い物をすると、バーチャルモールのポイントだけでなくポイントサイトのキャッシュバックまで受けることが出来ます。さらにクレジットの支払日にはカードのポイントまで付きますのでポイントは実質三重取りする事が出来るのです。また買い物前には面倒でもポイント還元率を確認することをおすすめします。たったこれだけでもらえるポイントが何倍も上がったりしますよ。


即日発行が可能な東京ミッドタウンカード


東京ミッドタウンでは、2種類のカードを発行しています。ひとつはご購入、お支払いの際にポイントのたまる『東京ミッドタウンカード』、もうひとつはポイントはもちろんのこと、クレジットカードとしても使える『東京ミッドタウンカードセゾン』です。『東京ミッドタウンカード』は即日発行できます。

『東京ミッドタウンカードセゾン』のほうは審査などの関係で、約1ヶ月ほどかかる場合もありますが、即日発行も対応可能です。ショッピングやお食事に上手に利用することができます。現在、FUJIFILM SQUAREでは、企画写真展を開催しています。水越武氏の「真昼の星」を二部構成で開催しています。

日本アルプスと原生林が主題となっていて、モノクローム写真のみで構成されています。また、東京ミッドタウン内の『伊東屋』では、皮の名入れ機を導入しました。承ってからお渡しの日にちは60分から翌日となり、早くなりました。お名前を入れると文房具が世界でひとつだけの特別なものになります。


スピーディーな即日発行の為に社会保険証を用意


即日発行が可能な商品には、高付加価値に関するメリットがあります。そもそもカードによっては、社会的ステータスがかなり高めなタイプも見られるのですね。いわゆるステータスが高めなカードを保有している方などは、社会的に優遇される傾向があります。ですのでその付加価値が高いカードに興味を持っている方々も、非常に多く見られます。

ただしそのカードを発行するとなると、審査通過可能性が大きなポイントになる事が多いです。なぜならせっかく不可価値が高くても、審査に通過しなければあまり意味が無くなってしまうからです。せっかく申し込みをしても、実質的には無意味になってしまうでしょう。

それとスピードなども大切なポイントですね。クレジットカードが即日発行できるかどうかは、書類の状況にも左右される傾向があります。さすがに手元に必要書類がなければ、即日発行は難しくなります。そのタイプのカードの発行を望むならば、社会保険証くらいは手元に用意しておく方が良いでしょう。"


クレジット契約で押さえておきたい予備知識

クレジット契約に係る法律


我が国でもクレジットカードを利用した決済が一般的なものとなってきており、店舗等あらゆる場面でクレジットカードを作ることができます。もちろん、クレジットカードは購入時にカード等を提示して商品の引き渡しを先に行った後に、指定日に資金決済が行われる後払いといった形式が取られているため、いわゆる信用取引と言えます。そのため、クレジットカードを契約するにあたって、カード発行会社の審査を通過しなければなりません。そして、審査を無事に通過した後にはクレジットカード契約の申し込みとなりますが、その際に受け取る約款等は、簡素に顧客に渡したいという目的から紙面の都合上、とても字が小さい上に、文章量も多く、読みづらい仕様となっていますが、契約を結ぶ上では必要な事項や根拠法等が記載されており、重要物の一つとも言えます。クレジットカードをめぐる契約は、手元に資金がなくても商品の購入が可能になっている一方で、支払い形態が複雑になるなどの問題があるため、割賦販売法という法律で定められています。


クレジット契約とは


割賦販売法は信用取引を数種の分類で規制しています。このうち、消費者が商品の購入やサービスを受ける際に、クレジット会社等が商品の代金を立て替えて販売店等に支払い、消費者は後日、クレジット会社からの請求により分割払いで対応する契約形態が一般的にクレジット契約と言われています。消費者(債務者)、販売店、クレジット会社クレジット会社の3者で結ばれている関係であり、消費者と販売店においては売買契約で、販売店とクレジット会社は加盟店契約で、消費者とクレジット会社は信用供与契約で、それぞれが契約関係になることでクレジット契約が成り立っています。また、クレジット契約には主に2つの契約形態があります。

●包括信用購入あっせん
クレジットカードの限度額の範囲内で包括的に信用が供与され、支払代金の時期を商品の引渡時期よりも遅らせることができる契約形態のことです。クレジット会社が消費者に代わって販売店に代金の支払いを行い、後日、消費者が代金を2か月以上かつ3回以上またはリボルビングでの支払う形態がこう呼ばれています。包括方式は、限度額の範囲内であれば商品やサービスの内容を問わないことが特徴と言えるでしょう。

●個別信用購入あっせん
包括信用購入あっせんとは異なり、クレジットカードなどを利用せずに、主に高額商品を購入するたびに個別に契約し、信用を供与する契約形態です。支払い形態は、包括信用購入と同様ですが、個別方式は個別クレジットとも呼ばれ、商品やサービスを限定していることが特徴と言えるでしょう。他にもローン提携販売(提携金融機関を介しての販売形態)や前払式特定取引(会費などの名目で代金を支払うことで特定の商品やサービスの提供を受けることができる取引形態)等、割賦販売にはいくつかの種類が挙げられますが、いずれの取引においても商品やサービスの引き渡しと代金の支払いが同時期に行われず、信用供与を伴う取引となります。消費者としては、商品の販売形態を把握しておくことで、問題が発生した際には対応しやすくなるでしょう。


一括払い以外のクレジットカードを利用した支払い方法


割賦販売法においては、代金の支払い方法について、「個品」、「総合」、「リボルビング(リボ払い)」といった3つの支払い方式が挙げられています。「個品」とは、個別の商品やサービスについてそれぞれ割賦払契約や金銭消費貸借契約を締結するものです。「総合」とは、あらかじめ上限金額を決め、その限度額の範囲内であれば何度でも商品やサービスの支払いに利用することができるものです。「総合」の場合は、商品やサービスを購入の際にクレジットカードを提示すると同時に支払い回数を一括、または分割と選択することができます。「リボルビング(リボ払い)」とは、クレジット等の上限金額と月々の支払額を前もって決めて契約し、その範囲内であれば何度でも商品やサービスの支払いに利用することができるものです。分割払いと似ていますが、分割払いは商品やサービスを購入する都度、支払い代金や回数が決められるますが、「リボルビング(リボ払い)」では購入商品の額にかかわらず、1回ごとの支払額はあらかじめ定められています。

 「総合」であれば、購入の都度、支払い方法を決められるため、支払い時期によっては、金額が変化するため、比較的計画的な返済イメージを持つことができますが、「リボルビング(リボ払い)」は、毎月の支払額が一定となるので、負担とはなりにくいものの、逆に毎月の支払額が一定ということは、借り過ぎになりやすいということも考えられます。毎月の支払額が一定のため、安易に借り続けることでいつまでも返済期間が終わらない状態に陥ってしまうことにもつながりかねません。単に毎月の支払い額が一定で便利、かつ負担も小さいという考えで、安易に「リボルビング(リボ払い)」を選択することはやめておいたほうがよいでしょう。


クレジット契約で商品を購入する際の注意点


商品を購入する際に利用するショッピングクレジットとは、個別信用購入あっせん(個別クレジット契約)のことですが、クレジットカードがなくても商品を購入できるため便利ですが、クレジット会社は販売店が決めているものなので、消費者がクレジット会社を選択することはできません。ショッピングクレジットで商品の売買契約を結んだ場合、販売店とクレジット会社は消費者に対して現金販売価格や支払総額、支払い時期等の取引条件を明示しなければなりません。

契約内容においては、クレジットカードで購入する場合と同じ規制が適用されますが、具体的には瑕疵担保責任(商品等に契約時には発見できない欠陥があった場合、買主に対して売主が責任を負う)を不当に免責する契約を事前に結ぶことは禁じられております。また、消費者側から契約を解除した際の損害賠償金も一定の額を超えないよう制限されています。さらに、販売店が消費者の債務不履行を理由に期限の利益を喪失させて一括支払いを請求する場合、クレジット会社は20日以上の期間限定で催告しなければならないこととなっています。なお、消費者が販売店に対して契約の取り消しや商品の欠陥など、正当な抗弁を持つ場合は、その抗弁をクレジット会社に対して主張することができます。 br>
以上のように消費者を保護する様々な規制が張られているので、ショッピングクレジットを利用する場合は、規制に従っているかどうかについて確認することが望ましいでしょう。


クレジットカードで購入した商品のキャンセル


クレジットカードの対象は、通常、購入から支払いまでが2か月以上のものであれば、1、2回払いでも規制対象となります。ただし、翌月一括払いの支払いは割賦販売法の規制の対象外とされています。  クレジット会社は、消費者(契約者)に対してクレジットカードを交付する場合やカードの利用可能限度額を変更する際には、契約者の支払い能力や借入れの状況等について調査します。この調査に基づき算出された金額が包括可能支払見込額といいます。売買契約を結んだ際には、消費者は販売店から支払い総額、各回の支払金額、支払い時期など必要事項を記載した契約書の交付を受けます。また、クレジット会社からは、弁済の時期・算定根拠などについて記載された書面の交付も受けます。  購入者が商品の欠陥や販売契約の無効・取り消しなど販売店に対して支払いを拒絶する正当な事由がある場合、その抗弁をクレジット会社に対しても主張できます。しかし、代金の支払い総額が4万円未満の場合には、抗弁権の接続が認められないため、販売店に対する抗弁をクレジット会社が主張することはできず、注意を要するでしょう。


クレジットで購入した商品の解約


 現在の割賦販売法のもとではクレジット契約そのものをクーリング・オフすることができるようになっています。ただし、クーリング・オフが認められる取引は、特定商取引法の訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引(マルチ商法、ネットワークビジネス等)、特定継続的役務提供取引(エステや語学教室、塾等)、業務提供誘因販売取引(仕事等の提供を口実に商品等を販売する行為)の5つのクレジット契約に伴う取引です。クーリング・オフができる期間は契約締結日から8日以内です。クレジット会社に契約解除の通知を発送することで、販売店との関係も解消されますが、念のために販売店に通知を送付することが望ましいでしょう。クーリング・オフの通知は内容証明郵便で行うと確実ですが、ハガキでも可能です。販売店が社会的にも名の通った信用できる相手であればクーリング・オフを無視されることも少ないと思われますのでハガキでも問題ないと考えられます。


クレジット契約で購入した支払い返済の滞納


クレジット契約やクレジットカードを利用した取引においては、決められた支払い時期に返済することは消費者の義務であり、代金支払いの遅れは契約に違反する行為です。消費者からみると、それぞれの代金の支払い時期までは支払いをする必要はありません(期限の利益)が、決められた時期までに代金支払いができなかった場合には、クレジット会社が残りの代金の全てを一括して請求できることが契約で定められており、実際に一括で請求されるケースもみられます。

 どのような理由があったにせよ、返済が滞った場合には、債務不履行とみなされ、販売店やクレジット会社は契約を解除し、損害賠償請求をすることもできます。しかし、割賦販売法では一方的な請求により消費者が多大な被害を受けないよう、契約解除と損賠償請求について、一定の制限を設けています。支払いが遅れた場合の契約解除については、20日以上の期間を定めて支払いを求め、それでも履行されなかった場合に初めて可能となるといった一定期間の猶予を設けています。また、損害賠償請求については、以下の金額に契約解除の日からかかる遅延損害金(法定利率により計算)をそれぞれ加算した金額以上の支払いを求めることはできません。

・購入した商品等が返還された場合には、通常の使用料の金額
・商品等を返還しない場合は販売価格に相当する額
・商品等の引き渡し前の際には、通常契約に要する費用の額
これまで支払っていた割賦金がある場合には、その金額も控除されます。この規定は契約書に損害賠償に関する特約が記載されており適用されます。必ずしも残りの代金について一括支払いの請求を受ける必要はなく、契約解除等に関する規定については、確認することが望ましいでしょう。


クレジットカードの利用過多による支払不能について


最初は1枚のクレジットカードを利用していたにもかかわらず、いつのまにか複数のカードを持ち、借入金額が膨大に膨れ上がったため返済できないといった多重債務者に陥った場合もいくつかの改善策があります。

●任意整理
支払不能になる前に、債務者がそれぞれの債権者と話し合い、返済の負担を軽減する方法です。一般には、分割払いの回数を増やす、期限を猶予する、返済金(債務)の一部を免除してもらうといったことが挙げられます。債務者自ら、または弁護士をたて、債権者と交渉することになりますが、あくまで当事者間の合意が必要になりますので、効果のほどは債権者の返済しなければならない残金の状態によります。

●特定調停
支払不能になる前に裁判所に調停を申し立て、話し合いにより返済残金の調整を行う方法です。裁判所と専門的な知識を有する調停委員が調停に関わり、返済に係る全ての債権者ではなく、相手方を特定する(特定の消費者金融等)ことも可能です。

●給与所得者等再生
裁判所に申し立て、返済の負担を軽減する方法です。裁判所が介入するため、任意整理よりも交渉の負担や返済の無理のない範囲で軽減できるとみられます。

●自己破産
返済金(債務)が多額である場合には、裁判所へ破産手続開始決定を申し立てる方法です。申し立て以降は、裁判所の管理下で債務が整理されます。そして、債務者が支払不能と判断された場合は、破産手続開始の決定がなされます。免責が決定された場合には、債務から解放されますが、免責を受けられない場合もあります。 また、弁護士に自己破産など債務整理を委任した場合には、弁護士は貸金業者等に対して、「以後の連絡は弁護士宛とするように」といった内容の書面を発送しますが、これは弁護士介入通知と呼ばれています。書面が貸金業者等に到達すると、貸金業者は債務者に対して直接の取立行為ができなくなり、破産申立前でも一切の取立行為は止まります。ただし、弁護士に委任している場合には、他の一部の債権者と勝手に個別交渉することは絶対に行ってはならないことです。 どの方法が一番いいというわけではなく、返済額や収入、現在の資産状況などを考慮し、検討することが望ましいでしょう。


契約内容の確認は怠らず


購入商品の引き渡しと代金の支払いに日数を要することや、クレジットカードがあれば契約が成立するといった利便性が様々なトラブルに発展するケースは少なくありません。しかし、ローン業界においては、過去に多くのトラブルを抱えたことから自浄作用が働き、現在では消費者保護の観点から法整備がなされており、多重債務者となった場合においても様々な改善方法があります。契約時の内容や問題が発生した場合にはどんな方法があるのか、いざとなった場合にはどこに相談すればいいのか等、前もって予防線を張っておくことが必要だと考えられます。予防線を張ることで、多重債務に陥らないといった自分自身への抑止力も働くため、円滑で利便性の高いクレジット決済のデメリットを知っておくことが望ましいでしょう。