更新日:2017/07/28

カードを還元率で比較する




サラリーマンの方々は、しばしばクレジットカードの還元率をチェックしています。なぜならその換算率は、お得度に大きく関わってくるからです。そもそもサラリーマンの方々は、現金ではなくカードで支払っている事も多々あります。なぜならカード払いには、ポイント換算に関するメリットがあるからです。

もちろん物品は、カードでなく現金で払う事もできます。しかしその場合は、特に何もポイントは付与されません。ところがカードで支払った時には、所定のポイントが付与されるケースが多々あります。しかもそのポイントは、決して軽視できないのですね。後々になって現金として使うことができるのです。

ただその還元率は、カード会社によってそれぞれ異なるのも事実ですね。もちろんポイントが付与されるならば、できるだけ大きい方が望ましいでしょう。ですので多くのサラリーマンの方は、還元率の高低を比較して、自分に最適なカードを選んでいる傾向があります。雑誌やサイトで情報を集めるなら比較が乗っているものがおすすめです。そういうものは見出しやタイトルにクレジットカード比較ランキングと大きく打っているので探しやすいと思います。



カードの混在により枚数は減速傾向




現在では、様々なetcカードが混在しています。それで、最近ではその価値も減速傾向にあるのです。そもそもある時から、カードの数は増えました。高速道路の料金割引が生じるカードなので、確かに最初の内はメリットを感じる方も多かったのです。それで販促の初期段階では、カードの発行枚数なども多い状況でした。トヨタファイナンスなども、その1つだったのです。

ところがある時から、カードが乱立状態になりました。あまりにも多くの会社がカードを作った事により、混在状態になってしまったのですね。最近はあまりにもその数が多いので、ちょっと価値を感じる方々も少なくなったのです。ですので、カードの増加枚数なども減速している状況です。

しかしそれでも、高速道路を頻度多く使う方が多いのも事実です。運送業の方々などは、普段のお仕事で高速を利用する頻度も高いです。多少の減速傾向は見られますが、それでも今なおカードの発行枚数は比較的多い状況ではあります。



クレジットポイントについての説明




クレジットカードにおける還元率というのは基本的に使用の際の割引率ではなくどれだけクレジットポイントが付くかのポイント還元率の事なんですね。例えばファミマで発行しているファミマTカードはTポイントが付きますし、楽天カードなら楽天ポイントという風にカードにより呼び名や使用方法は異なりますが大抵のカードには使用時にポイントが付きます。

それで100円で1ポイント付く場合がポイント還元率が1%ということになり、年会費無料のカードの場合は0.5%から1%の還元率というのが相場だと言えます。そしてそのポイントは商品に交換したり、現金に換金したり出来ますし、ファミマのTポイントの場合は1Pからファミマのコンビニで利用できるのでポイントがなかなか貯まらないから使うことが出来ないなんてことはなく必用に便利でお得なカードということが出来ます。

楽天ポイントの場合はネットショップで利用することが出来るのでこちらも非常に使いやすいポイントと言えるでしょう。

アコムマスターカードを選ぶ人




アコムマスターカードの申し込み方法というのは、通常のキャッシングカードを申し込むよりも、かなり簡単で早く利用できる様になっています。 審査自体も早く終わりますので、早ければ申し込んだその日からキャッシングを利用する事ができます。アコムマスターカードを申し込むには、公式サイトを利用するのが一番簡単であります。

サイトを訪れますと、3秒診断というのがありますので、まずはそれを利用するのが良いです。これは、簡単な個人情報を入力する事によって、簡単にではありますがキャッシングが利用可能かどうかを診断してくれます。正式な審査ではありますが、ある程度の目安ともなりますので利用する事をおすすめします。

正式に申し込みをする為には、先ほど説明した3秒診断の横に大きく「今すぐ申し込み」というのがありますので、それをクリックしますと申し込みの画面に移ります。自分の情報を入力する画面となりますので、入力をしましたら情報を送信しましたら審査が始まります。一番早くて30分で審査が終わりますので、ちょっと他の作業をしている内に審査結果というのが出る様になります。

ネットでの契約ですので、書類の受け取りはファックスか郵送となります。すぐ受け取りをしたい方はファックスが便利です。自宅になくても、コンビニのファックスを利用して受け取る事ができますので問題ないです。アコムマスターカードはネットを活用して、非常に早く便利に申し込みができるカードとなっています。